HOME  ›  製品情報  ›  光通信用デバイス

製品情報

光通信用デバイス

高度情報化社会を支える光通信分野で

各種の光通信用デバイスの中でも、当社がトップクラスのシェアを有する光ファイバーのパワーモニター分野に注力しています。

ファイバー光のパワーモニターは、主に幹線・メトロポリタンネットワークにおいて使用され、データコムやCATVでも需要が伸びています。また、今後、日本、韓国、台湾、中国やアメリカを中心に需要の急増が予想されるアクセス系のFTTH(+FTTP)のレシーバのみならずトランシーバの分野においてもシェア獲得に努めていきます。

長波長フォトダイオード

  • 長波長フォトダイオード
  • 長波長フォトダイオード

当社が開発・製造する光通信用フォトダイオードやモジュール製品は、光波長多重伝送(DWDM)による幹線・メトロポリタンネットワークおよび加入者系/FTTX(FTTH、FTTB、FTTP等々)システムにも対応しており、DWDM中継、光増幅器、端末装置(ONU、ONT)、ルータ、レシーバー、トランスミッターなどに組み込まれております。
それ故、これらのデバイスは、インターネットやLAN(ローカルエリアネットワーク)などで使用される光電変換素子で、ワールドワイドに社会を支える光通信ネットワークのインフラストラクチャーを構築するために必要不可欠な電子部品です。

半導体レーザー

  • 半導体レーザー

当社の発信波長850nm の垂直共振器面発光レーザー(Vertical Cavity Surface Emitting Laser diode, VCSEL)ビクセルは、短距離通信用ハイデータレート伝送システムの用途に適した設計がなされ、3種類のパッケージの品揃えで販売しております。
レンズつきメタルキャップにハーメチック封止した標準品、絶縁したメタルキャップにハーメチック封止したミニキャン品、LCレセプタクル型のTOSA(Transmitter Optical Sub-Assembly)の3製品となります。
いずれのVCSEL製品も最高4Gbpsまでのデータレート送信が可能です。

製品検索

※品番を入力(前方部分一致)

新製品

低背型平行光LED KED050-H23
エンコーダー用に新設計した低背型レンズを採用した平行光LED
光給電コンバータ KPC8-T
光ファイバで入力した波長1300-1600nmのレーザー光を効率よく電力に変換

ニュース&トピック

  • Photonics West2017 に出展(ブース番号 :4245)  2017年1月31(火)-2月2日(木) 米国・サンフランシスコ
    【光通信&光センシング】
  • OFC 2017 に出展(ブース番号 :1316)  2017年3月21(火)-23日(木) 米国・ロサンゼルス
    【光通信&光センシング】