佐藤 健人

01
開発本部 開発第1グループ 恵庭事業所勤務 2014年中途入社 佐藤 健人

自分が考えたアイディアを
チャレンジできる風土

開発本部 開発第1グループ
恵庭事業所勤務
2014年中途入社

佐藤 健人

北海道出身。大学では理学部物理学科を専攻、その後大学院へ進学し修士課程を修了。卒業後は就職のため道外へ。大手印刷会社にて液晶ディスプレイのカラーフィルタの技術開発に従事。
その後Uターン転職で、2014年に京都セミコンダクターに入社。開発本部 開発第1グループに配属。

転職のきっかけ、京都セミコンダクターを選んだ理由は?

前職が道外だったのですが、いつか北海道に帰りたいと考えており転職を決意しました。私はスキーやマラソンが趣味なので北海道の環境は魅力的でした。就業地を北海道に限定していたこともあり、技術開発職に絞って求人を探すのは難しいだろうと考え、求職中は業種・職種を問わず幅広く検討していました。そんな中、北海道庁発行の雑誌のUターン特集に京都セミコンダクターの求人情報が掲載されていました。これまでの経験を活かせる開発技術職の求人でしたので志望しました。

今の仕事内容は?

私の所属する第1グループは半導体の前工程を担っています。ウエハプロセスと言われる、受光素子を作る根幹の部分です。
弊社の開発はお客様からの依頼を元に行う場合と、社内で企画から行う開発があります。

お客様からの依頼がある場合は、まず営業からお客様のご要望等を踏まえたインプットがあります。それを受けて、設計、試作、検査を行います。量産決定後には量産移管の社内の手続きをまで担当します。

開発本部 開発第1グループ 恵庭事業所勤務 2014年中途入社 佐藤 健人

このように、個人の担当する業務も多岐にわたるので、業務内容も日によって変わります。パソコンに向かい設計に1日中従事する日もあれば、クリーンルーム内でウエハの試作で1日が終わる日もあり、特性の評価に終日従事する日もあります。
また、営業に同行しお客様との打ち合わせで関東や関西に出向くこともあります。

前職では直接お客様と接する機会は殆どありませんでしたが、今はお客様と直接接する機会も多く開発者として良い刺激になっています。

印象に残っているエピソードは?

入社後1年目くらいだったと思いますが、一般的に難しいと言われている、化合物半導体ウエハの大口径化に携わったことです。
化合物半導体はシリコンに比べて基板の結晶欠陥が多く割れやすいので、ウエハの大口径化が難しいとされています。弊社でもそれまでは、ガリウムヒ素やインジウムリンなどは小さいサイズで生産していましたが、大口径サイズでの生産に成功しました。大きいサイズに化合物半導体を流し込むには色々工夫が必要でしたが、これにより生産性が大きく向上しました。
また、素子の応答速度の高速化を実現できたことも印象的でした。フォトリソグラフィや電極のパターンを微細化し、以前よりも特製が良い素子が作れました。光通信の分野では年々高速化が求められているので、今後も更に注力していきたいです。

開発本部 開発第1グループ 恵庭事業所勤務 2014年中途入社 佐藤 健人

今後の目標は?

少数精鋭の環境の中、幅広い業務に携わる中で実力は付いてきたと感じていますし、自分が考えたアイデアをチャレンジできる風土があります。
そんな中、今後の目標としては、京都セミコンダクターの今後の主力となる製品を作っていきたいです。光通信の分野では今後も更なる高速化が求められるので、これに対応するより特性の良い素子を開発していきたいです。
また、センサ部門においても紫外線や赤外線など、可視光線以外の素子の開発と利用分野の可能性を提案していきたいと考えています。例えば紫外線を殺菌用途に利用したり、赤外線をサーモグラフィーや熱検知用途として利用するなど、可能性は無限にあると感じています。