ニュース

製品・技術

レーザー給電向けに高出力光給電コンバータ「KPC8H-FC」を発表

京都セミコンダクターは、レーザー給電向けに開発した高出力光給電コンバータ「KPC8H-FC」を発表しました。KPC8H-FCは、効率を高めることにより、光入力に対する出力が従来製品比1.3倍に向上、また、放熱の向上により最大光入力の定格値が従来製品の3倍になりました。FCレセプタクル一体型の形状を採用し、直接機器類の操作パネルに取り付け(パネルマウント)が可能となりました。高出力光給電コンバータ「KPC8H-FC」のサンプル出荷開始は2021年9月15日、量産開始は2022年4月28日を予定しています。

[リリース文]
[資料PDF]入力が必要です。