ニュース

製品・技術

国立研究開発法人情報通信研究機構「Beyond 5G研究開発促進事業」の新規委託研究に「超大容量超低遅延無線のための電波/光変換・制御技術」の提案課題が採択

国立大学法人三重大学(代表提案者、本部:三重県津市、学長 伊藤正明)、株式会社日立国際電気(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 佐久間嘉一郎)、株式会社京都セミコンダクター(本社:京都市伏見区、代表取締役社長兼CEO 高橋 恒雄)、株式会社KDDI総合研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中村 元)、東洋電機株式会社(本社:愛知県春日井市、代表取締役社長執行役員 松尾 昇光)の5者共同で、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、「NICT」)より公募されていた「Beyond 5G研究開発促進事業」の新規委託研究に応募した提案課題「超大容量超低遅延無線のための電波/光変換・制御技術」(以下、「本研究開発」)が採択されました。

[リリース文PDF]