ニュース

製品・技術

SWIRタイプ反射センサー「KPRシリーズ」の14製品を発表

「KPRシリーズ」は京都セミコンダクターの国内工場で製造されたLEDチップとフォトダイオードチップが小型1パッケージに隣り合って実装されており、センシング対象物に本製品を向けて光の反射を利用してセンシングを行う反射型のセンサーです。様々な波長や組み合わせにより2波長反射センサーが10種類、単波長反射センサーは4種類、合計14種類の反射センサーを用意しました。SWIRタイプ 反射 センサー「KPRシリーズ」の量産開始は2023年8月31日を予定しています。

[リリース文 PDF]