HOME  ›  製品情報  ›  光センシング用デバイス

製品情報

光センシング用デバイス

さまざまな場所で活躍している光センシング用デバイスの分野で

当社は紙幣識別機、ロータリーエンコーダ用デバイスに強みを持っており、さらにITS(高度道路情報システム)用途へと市場を拡大するとともに、画像処理、監視カメラ、植物育成用光源、殺菌・滅菌やガス分析などの新たな用途開拓にも注力しています。

現時点では、可視光線より短波長の紫外線領域であるUV-A(315-380nm)では、GaN系のフォトダイオードやLEDを、UV-B(280-315nm)では、GaN系のUVセンサの開発を鋭意行っております。一方の赤外線より長波長の領域である近赤外線(Near Infrared)(1.0-2.5μm)では、InGaAs系のフォトダイオードやLED、更に中赤外線(2.5-4μm)では、InGaAs系のフォトダイオードの開発も積極的に推し進め品揃えの充実を図って参りました。

短波長用受光素子の用途としては、火炎検知器、水銀・LEDランプモニター、紫外線光量計などがあります。 又、短波長の発光素子の用途としては、樹脂の硬化、紙幣の識別、分析用光源などがあります。一方の長波長では、受光と発光素子を組み合わせた水分検出の近赤外分析法(Near-Infrared Spectroscopy:NIRS)や近赤外線カメラの照明用LEDなども今後期待されております。

但し、Si系のUVセンサーは、このGaN系よりもかなり以前から販売されております。

発光ダイオード(LED)
  • 発光ダイオード(LED)
  • 赤外LED
  • 赤外LED

発光波長は、UV-A領域の最短波長である365nmからNIR領域の最長波長である1650nmをカバー。
これらの中でも、5点の点光源(ポイントソース)LED、7点の平行光LED、4点の多波長LED、10点のGaN系・InGaN系UV LED(367、373nm)、8点のInGaAsP系長波長LED(1300、1450、1550、1650nm)など。
パッケージは、樹脂モールド、ハーメチック封止、エポキシポッティング、SMDセラミックパッケージ封止、トランスファーモールドプロセスによるSMDパッケージなどで対応。
更に砲弾型トップフラットや角型サイドルッキングの特殊な発光パタ-ンを有する樹脂モールドなど。

フォトダイオード
  • フォトダイオード
  • UVセンサ

2点のPINフォトダイオード(850nm)、3点のシリコン系UVセンサ(254, 365nm)、12点のGaN系・InGaN系・AlGaN系UVセンサ(260、315、340、355、365nm)、4点のInGaAs系長波長フォトダイオード(1550、1950、2200、2400nm)、3点のInGaAs系・InAs系のペルチェクーラー付き長波長フォトダイオード(1550、3000nm)、2点のハイスピードフォトダイオード(fc=1または2GHz)、1点のシリコン系16チャンネルフォトダイオードのラインナップで対応。

アバランシェフォトダイオード
  • アバランシェフォトダイオード

3点のシリコン系(fc=1.5、0.6、0.25GHz)のアバランシェフォトダイオード。

フォトトランジスタ
  • フォトトランジスタ

6点のシリコン系フォトトランジスタ(ハーメチック、可視光カットフィルター付き、3φセラミック、樹脂モールド)。

製品検索

※品番を入力(前方部分一致)

新製品

KP-2 二波長フォトダイオード KPMC29
業界最小クラスのサイズに、シリコンとインジウムガリウムヒ素の受光素子を同一光軸上に並べることにより、400~1,700nmの広範囲な感度を実現
Si APD モジュール KPM100
高速アンプ、バイアス回路内蔵により簡単操作で Si APD をフル活用
低背型平行光LED KED050-H23
エンコーダー用に新設計した低背型レンズを採用した平行光LED

ニュース&トピック

  • 新製品のおしらせ
  • [お知らせ] 当社従業員の勤務体制について -続報

    新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 対策に関する政府の緊急事態宣言が5月31日まで延期されたことに伴い、当社の勤務体制も在宅勤務など感染症対策を考慮した体制を同期間継続いたします。
    今後も従業員とその家族、お客様含めた関係各位の健康と安全を第一に考えた対策を講じてまいります。お客様への影響は最小限にすべく引き続き努力をしてまいりますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    新型コロナウイルス感染症対策に関する当社の動きにつきましては、引き続きこのサイトにて随時お知らせしてまいります。
  • [お知らせ] 当社北海道地区従業員の在宅勤務体制開始について

    当社では、4月17日の新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 対策に関する政府の緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、お客様ならびに従業員の健康と安全を第一に考え、北海道地区従業員にも在宅勤務などの感染症対策を強化する勤務体制を開始しました。

    お客様への影響は最小限にすべく努力しておりますが、今後の状況によっては、開発スケジュールや生産稼働の調整などの可能性もございます。何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。